ブログ運用

Google AdSenseの審査part.2 審査に通らないので対策した。

投稿日:2018年3月31日 更新日:

 

こんにちわ、ひーちゃ氏です。

 

ブログを初めてはや2ヶ月。ちょうど1週間前に再審査をして、本日その結果が帰ってきました。今回は審査に『通りました~』っていう記事を書く予定でした。

ドヤ顔をして、通ったぞーっていう、嬉しさいっぱいの。そんな明るい記事を書くはずだったのです。

 

しかし、そんな願いも届くことなくグーグルさんによってあっけなく阻止されてしまったのです。目の前が真っ白になりました。

 

(ガアアァァァァァァン!!!)

 

先回のパート①で対策して再審査をしたのですが、残念ながら通らず。そして今回はまた別の対策を、、、した?してない?のですが、やはりだめでしたね。何がいけないのか未だに謎です。

 

ちょっと今回は『通ったか?』っていう気がしていました。なぜなら、今まで再審査をしてから2日以内に回答が来ていたのですが、今回は1週間きませんでした。

ちょっと期待しちゃいましたよ(笑)

まぁ落ちちゃったのですが。今回の対策の話をしますね。

 

スポンサーリンク


今回行った対策

 

今回行った対策は、「ありのままの姿で審査を通す」ことです。

なんで?って思った方もいるでしょう。

それはですね、私が先回の記事を書いているときに気づいたのですが、『Google AdSense のプログラム ポリシーに準拠していないか、ウェブマスター向けの品質に関するガイドラインに準拠していない』というところに、私のブログが当てはまっているとは到底思えなかったからです。

 

まず、記事を一通り見直したのですが違反をしているような記事は一つも見当たりませんでした。それに画像の著作権、リンク切れ、違反するような表現もなかったのです。

とういことで今回の対策は

  • 違反要素が見当たらないためありのままの形で審査をする。
  • アクセス数がある状態で審査をする。

ということに注目して申請をしてみました。

 

今回の対策として、違反に該当しないというところは良いと思っています。

ですがアクセス数に関しては対策できておりません。現在のアクセス数は1日当たり5ユーザー程というかなり少ない状況です。これじゃあ今回の対策の効果としてかなり弱いですね。

 

スポンサーリンク

今後の進め方

 

今後も一度この進め方で行こうと思います。1日当たり100ユーザーのアクセスを獲得するまで頑張って、そこで審査を通るか見てみようと思います。(もちろん、審査は随時申請した状態ですが。)

 

上記でダメなら、またアフィリエイトリンクを外したり、投資関係の記事を消してみたり、策を練って申請しようと思っています。正直なところ違反要素がないのにこんな対策をする意味がわかりませんがやってみるしかないですね。

どこが悪いのかしっかり教えてくれればこんな苦労はしないんですけどね。

ただ私自信、自分のブログの欠点は、『アクセス数が少ないこと』と『独自性が弱い』ことの2点だと自覚しています。もっと自分の意見を詰め込んだブログにしなければいけないと思っています。

 

また状況が変わりましたら報告しますね。

 

【追記】

グーグルアドセンスの審査を無事に通過することができました。

アクセス数が少ないことについては特に問題視する必要はなさそうです。

 

愉快な仲間たちコーナー

 

DJ マルコ
グーグルアドセンスって結構くせものなんだな~。
ひーちゃ氏
読者に有益になるような記事を書くのって難しいよね

 

DJ マルコ
自分だけしかできないようなことを教えるとか良さそうじゃねぇ?
ひーちゃ氏
マルコだったらDJのやり方とか?

 

DJ マルコ
まかせろっ!!ぺんぺんはいじられて愛される方法なんか書けばいいば(笑)
ひーちゃ氏
あーたしかに!あいつ何だかんだ愛されてるよね。

 

ぺんぺん
こーらそこのふたり!!ぐずぐずするなっぺ!!早くグーグルアースの審査通すっぺ!!!!

 

ひーちゃ氏
アドセンスな
DJ マルコ
アドセンスな

 

【追記】

後日、無事グーグルアドセンス通過しました。

 

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

ひーちゃ氏

東京都出身。福岡県育ち。愛知県在住。当ブログ≪ひーちゃらいぶ≫運営。趣味は好きなことを好きなだけすること、綺麗な人が出演している映画をみること

-ブログ運用

Copyright© ひーちゃらいぶ | フリーランスとして生きるための道しるべ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.