フリーランス

現代社会で先人を追い抜く難しさを考えてみる

投稿日:

 

こんにちは、ひーちゃ氏です。

今日も職場でせっせと働いて、帰宅してから記事を書いています。

 

最近、私の会社では人件費削減の為、定時で帰宅するように言われています。

なので、仕事が終わった後は時間がたくさん作ることが出来ています。

普段から残業していた時間を、ブログを書いたりビジネスの活動をしたりといった時間に当てられるので嬉しい限りです。

 

これはチャンスなので、いつも以上にブログを書くことを頑張りたいと思っています。

ですが中には「いやいや、会社で登り詰めればいいじゃん!」という意見を持っている方もいるはず。

 

ではなぜ、会社で頑張るよりブログを頑張ろうと思ったかというと、会社勤めでは上司や先輩を超すことが非常に困難だからです。

 

スポンサーリンク

 

先人を追い抜くことが出来ない状況と、チャンスがあれば追い抜くことが出来る状況が存在します。

例えば、片道一車線の道路で、追い越し禁止の標識があったとしましょう。

これでは前の車を追い越すことができませんよね。

 

では、片側2車線の道ではどうでしょうか。

一見、追い越せるように思いますよね。

しかしこの道の法定速度が60km/hで、追い越したい車が60km/hで走っていたとすると追い越すことができませんよね。

前の車の速度が落ちない限り不可能です。

 

これが追い抜くことができない状況です。

どちらも無理矢理追い越すと交通違反になってしまいます。

最悪の場合、免停になるでしょう。

 

これって会社に似ていませんか?

 

先輩や上司を追い抜くためには難易度の高い仕事を多くこなさなければなりません。

その前に、普段の地道な仕事から実績を積み重ね、信頼されていなければ大きな仕事も任せてもらうことすらできませんよね。

当然のように上司先輩のお給料を超すことは限りなく不可能です。

前の車の後ろについて走っていると、前の車を抜かすことが出来ないということがわかりました。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

では、もしどこかで前の車と違う方向を向いてみたらどうでしょうか。

例えば、目的地まで行く途中に、前の車と違う道を通ってみるとしましょう。

すると、とたんにどちらが先に目的地につくか分からなくなりましたよね?

 

目的地は同じでも、通る道によって到着する時間が異なります。

これが個人事業、副業、フリーランスの世界です。

ですが収入はピンキリで、億万長者になれる可能性も秘めていますが、収入ゼロってことも良くある話です。

 

しかし、困難は多いものの何かしら個人で動き出さなければ、いつまでたっても上司、先輩の下で仕えなければなりません。

自分の一度きりの人生、もっと冒険をしてみて下さい。

 

会社に勤めながらでも良いので、チャレンジする気持ちってとても大事ですよ。

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

ひーちゃ氏

東京都出身。福岡県育ち。愛知県在住。当ブログ≪ひーちゃらいぶ≫運営。趣味は好きなことを好きなだけすること、綺麗な人が出演している映画をみること

-フリーランス

Copyright© ひーちゃらいぶ | フリーランスとして生きるための道しるべ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.