ブログ運用

ブロガーなら炎上覚悟で賛否両論のブログ記事を書け!!そのメリットとは!?

投稿日:

 

こんにちわ、週末パリピブロガーのひーちゃ氏です。

 

私たちの周りには、何かと注目を浴びる人っていますよね。

注目を浴びる理由は様々で、良くも悪くもあると思います。

 

芸能人の方の騒動だと、軽く2週間は毎日テレビで報道されてるぐらいの注目度です。

テレビでの報道について関心を持ち、インターネットで検索する方も少なくないでしょう。

 

 

今回は、注目を浴びることでブログ著者にどのようなメリットがあるかを語ってみることにしましょう。

(後先考えずにこんな題材を取り上げてしまったんですが、しっかり書けるのか不安で仕方がないです。笑)

 

スポンサーリンク


賛否両論の記事を書くメリット

 

たまに見ますが、SNSやブログで炎上する方々がいます。

 

その投稿内容を見てみると、賛否両論な意見が上げられそうな内容を、自分の意見でしっかりと丁寧に書いていたりします。

そんな賛否両論の意見が多い題材について、自分の意見を述べることって、ブロガーにとって重要だと思うんです。

 

それはなぜかと言うと、「私はこう思っている」と堂々と語ることで、読者は「この投稿について私はこう思うから賛成。」「そうじゃないんじゃない?こういう考えもあるよね。」という様に、読者に意見を持たせることができます。

 

読者に意見を持ってもらうと、どのような効果があると思いますか?

 

はい。答えを言います。

答えは、「投稿を広めてくれる。」です。

 

 

Twitterで、リツイートや引用リツイートされた投稿を見たことは有りませんか?

賛成意見の方は「いいね」や「リツイート」をしてくれる傾向にあり、反対意見の方は引用リツイートを利用して自分の意見を述べる傾向にあります。

Twitterではこのようなリツイート機能がありますし、ブログにはSNSボタンを使って広告してくれる可能性がるのです。

 

 

では次に、読者が意見を持たない投稿はどのようになるかというと、共感も反共もない、ただの独り言になります。

「あ、これ俺じゃん。。。悲しい。。」

 

せっかく投稿するなら、何でも良いから反共を得たいですよね。

そんな時、読者に賛否両論な意見を持ってもらえるような投稿をすると良いです。

 

デメリットはあるのか?

 

さて次はデメリット。

 

特に賛否両論の意見を持たせるような記事を投稿して、デメリットがあるとは思えません。

なぜかと言うと、所詮はブログ上で著者が勝手に述べた意見に過ぎないからです。

 

著者が書いたブログ記事に、勝手に共感してくれても良いし、勝手に否定してくれても良いんです。

 

流石に学校内や会社内、友達同士の間で注目を浴びるのは抵抗がありますが、ブログで注目を浴びることはアクセスアップに繋がって嬉しい限りだと思います。

 

 

しいて言うなら、ブログ著者がものすご~く神経質だったら、落ち込んでしまったり、ブログ人生に行き詰まってしまうと思います。

 

 

ですが!!

 

私たちブロガーにそんな神経質で軟弱なメンタルな方はいません!!

 

なぜか!?

 

それは、ブログを続けるだけの忍耐力と根性があるからだ!!

 

と私は思います。(笑)

 

と、いうことで、デメリットなしです^m^

スポンサーリンク

まとめ

 

始めはどうなるかと思いながらこの記事を書きましたが、いかがでしたでしょうか。

 

ポイントとしては、

  • 賛否両論の意見を持たせるような記事を書くことで、読者からの反共を得られる可能性が高くなる。
  • 反共が高いとSNSで拡散してくれる可能性が高くなり、記事へのアクセス数アップに繋がる。

です。

 

 

しかし、誹謗中傷を浴びることがあるかもしれません。

ですが、気にする必要なんてありません。

いちいち気にしていたら良い記事はかけませんよ!!

下は向きません。上を向きましょう。

 

もちろん、この記事に関して反対意見大歓迎、悪口陰口大歓迎です!!!!(笑)

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

ひーちゃ氏

東京都出身。福岡県育ち。愛知県在住。当ブログ≪ひーちゃらいぶ≫運営。趣味は好きなことを好きなだけすること、綺麗な人が出演している映画をみること

-ブログ運用

Copyright© ひーちゃらいぶ | フリーランスとして生きるための道しるべ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.