SEO

SEO対策の種類を学ぼう!【アクセスアップ】

投稿日:2018年3月24日 更新日:

 

SEO対策には大きく分けて内部SEO対策コンテンツSEO対策外部SEO対策の3つに分けられます。

 

一昔前は外部SEOとして、外部リンクをたくさん貼るといったSEOが流行していました。

 

当時は関連性のないリンクでもSEOとして有効であったため、誰もが外部リンクSEOを行っていましたが、現在はアルゴリズムが修正され、関連性のない外部リンクSEOを行うとペナルティを受けてしまう危険性が高まっています。

 

しかし外部SEOが全て悪いわけではなく、「関連性の高いページのリンク」は有効だと思います。

 

検索エンジンで上位表示されるサイトは「ユーザーにとって良いホームページ」です。当然、検索エンジンはそのようなページを上位表示させるようにしてきます。

この「ユーザーにとって良いホームページ」に共通するSEO対策として有効な対策が、内部SEOとコンテンツSEOの2種類です。

 

今回はインターネットでアクセス数アップを図る上で必要になるSEO対策の種類についてご説明します。

スポンサーリンク


1.内部SEO対策

内部SEO対策の目的は、クローラやユーザーが認識しやすいホームページにすることです。

 

検索エンジンはクローラ(Crawler)というプログラムを使用してWEB上のファイルを収集しています。

クローラが得た情報を元に、WEBページがどんなテーマによって構成されているか、ユーザーにとって有益なページとなりえるかなどといった独自のルール(アルゴリズム)によって、検索データベースが作成され、検索結果に表示されるキーワードや、そのキーワードでの検索順位が決定されます。

 

クローラは全てのWEBページのデータを収集できるわけではありませんし、公開したページをすぐに収集してくれるとも限りません。ですので、クローラのWEBサイトの巡回のしやすさ(クローラビリティ)を整えてあげる必要があります。

 

検索順位を意識することはもちろん必要ですが、本当に大事なことはユーザーにとってわかりやすいかです。

 

コンテンツが完成したら内容がわかりやすいか、自分の目で確認しましょう。

2.コンテンツSEO対策

コンテンツSEOは、サイト内にユーザーの有益となるオリジナルコンテンツを設け、検索数の少ないキーワードからのアクセスを獲得することを目的としています。

 

検索数の多いビッグキーワードではアクセスを獲得しようとしても、ライバルが多いため上位表示は難しくなります。

 

他のサイトにないオリジナルコンテンツ設けることで、検索数の少ないキーワードからの流入を獲得することができます。

 

検索の上位表示を狙うには、ライバルより多くのオリジナルコンテンツをもっていることが必要です。

3.外部SEO対策

外部SEO対策の目的は、第三者視点でホームページをみた場合の評価を上げることです。

 

検索エンジンは第三者からの評価として、外部リンク(被リンク)を頼りにしています。

 

有益なコンテンツがあったり、ホームページとしてよく出来ている場合など、ホームページに訪れた訪問者が他サイトにリンクを貼ってくれる場合があります。

 

このような外部からのリンクを検索エンジンは評価しています。

 

ただ、以前はこの外部リンクを有償提供するサービスがあったり、関連性のない相互リンクといった方法でも評価されていました。

 

現在ではそのような行為は検索エンジンのガイドラインに反しているとし、ペナルティを与えられることも少なくありません。

 

そのような方法で評価が上がったホームページがユーザーにとって良いホームページという保証はどこにもありませんので当然です。

 

外部リンクを提供するサービスや、関連性のない相互リンクは絶対に避けて下さい。

 

ではどのように外部SEOを行っていくか…。

 

それは内部SEO、コンテンツSEOを正しく行い、ユーザーからの自然な評価を得ることが基本となります。

スポンサーリンク

SEO対策は何をすればよいか

SEO対策(Search Engine Optimization)とは、検索エンジンでの検索結果で上位表示させるために行う対策のことです。

 

検索エンジンはクローラ(Crawler)というプログラムを使用してWEB上のファイルを収集しています。

 

クローラが得た情報を元に、WEBページがどんなテーマによって構成されているか、ユーザーにとって有益なページとなりえるかなどといった独自のルール(アルゴリズム)によって、検索データベースが作成され、検索結果に表示されるキーワードや、そのキーワードでの検索順位が決定されます。

 

クローラは全てのWEBページのデータを収集できるわけではありませんし、公開したページをすぐに収集してくれるとも限りません。

 

ですので、クローラのWEBサイトの巡回のしやすさ(クローラビリティ)を整えてあげる必要があります。

 

SEO対策を行うことは、クローラビリティを整えてクローラからの評価を上げる『クローラの最適化』を行ということです。

 

では、SEO対策といっても、何をすれば良いのか、どのような対策が効果があるのか、悩まれる方が多いと思います。

 

それは当然のことで、検索上位表示されるための独自のルール(アルゴリズム)は日々変わっていきます。

 

そして日々変化していくアルゴリズムに対応することは不可能です。

 

しかし今までにSEO対策として有効だったものが有効でないことはありません。過

 

去に有効だったSEO対策を含め、新たに有効な対策が見つかればサイトを修正し、対策を織り込んであげることが必要です。

 

サイトのアクセスアップを狙うには、まず過去のSEO対策を出来る限り実施しましょう。

 

愉快な仲間たちコーナー

 

ひーちゃ氏
よーし、アクセスアップさせるぞー
DJ マルコ
客集めるぞー
ぺんぺん
魚呼び込むっぺー♪♪

 

ひーちゃ氏
それは違う…
DJ マルコ
それは違う…

 

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

ひーちゃ氏

東京都出身。福岡県育ち。愛知県在住。当ブログ≪ひーちゃらいぶ≫運営。趣味は好きなことを好きなだけすること、綺麗な人が出演している映画をみること

-SEO

Copyright© ひーちゃらいぶ | フリーランスとして生きるための道しるべ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.