おきらく日記

ディズニー悪役の子達が主演のミュージカル作品「ディセンダント1,2」が面白かった

投稿日:2018年4月29日 更新日:

ブロガーのひーちゃ氏です。

 

みなさんはどんな映画が好きですか?

アクションだったり、恋愛だったり、ホラーだったり、いろんな作品がありますね。

 

そんな多くのジャンルがある中で、「まさかミュージカル作品がこんなに面白いなんて」って思った作品があります。

 

ディズニーチャンネルで話題を呼び、大ヒットした作品『ディセンダント』

 

ひーちゃ氏がミュージカル作品としてハマるのは珍しく、何度でも見たい作品です。

この作品は現在2作品公開されています。(17年11月)

スポンサーリンク


登場人物

そして主人公はディズニーのプリンスやプリンセスではなく、ディズニーには欠かせない悪役の子供たちが主人公という斬新な設定。

 

複数のディズニー作品のキャラクターが登場します。

 

それぞれのキャラクターが個性的で、子供たちもしっかり親の特徴を捉えています。

 

こんな世界が本当にあったらいいなぁ(・∀・`●)

この作品で登場するキャラクターは、

  • マル(眠れる森の美女/マレフィセントの娘)
  • イヴィ(白雪姫/イーヴィル・クイーンの娘)
  • カルロス(101匹わんちゃん/クルエラの息子)
  • ジェイ(アラジン/ジャファーの息子)

の4人を中心に描かれています。

 

悪役が主人公になるような作品って滅多にないですよね。

普段と違った目線で見れるので不思議と見入ってしまいます。

悪役からすると、魅力的なプリンスやプリンセスはどのように映っているんだろうでしょうかね。

スポンサーリンク

あらすじ

プリンスやプリンセスといった善人たちは、美女と野獣のビースト国王が統治するオラドン合衆国に住んでおり、悪役たちは魔法のバリアでロスト島に閉じ込められて暮らしていました。

 

ある日、ビースト国王の息子であるベンの招待によりオラドン王国の高校へ招待されることになりました。

 

オラドン王国へ行くのを嫌がるマルでしたが、マレフィセントはマルに「フェアリー・ゴッドマザーの杖」を手に入れてくるよう言い渡し、、主人公ら4人はオラドン王国へ行くことになりました。

 

そして...

 

 

 

ここからはDVDなどで見てくださいね(人ω・*)

スポンサーリンク

ひーちゃ氏の感想

好きなジャンルはアクションやFSが多いんですけど、珍しくミュージカルもいいなって思うような作品です。

 

特によかったところが2点。

 

キャラクターの特徴

それぞれの作品の特徴を捉えて、個性あふれるキャラクター設定になってました。

 

ディセンダントではそれぞれのキャラクターの特徴や性格を捉えています。

 

普段私たちが出来ないようなことをやってしまいます。マルの性格ならではですね。イヴィはオシャレ好きです。母親に似たのでしょうか。

 

好きなことをして生きるっていいなぁ

 

ディセンダント2ではそんな4人が成長しているのがわかります。

 

カルロスは犬のことを母親に教えられていたため苦手だったのですが、ディセンダント2でわ...??

 

キャストの演技

ミュージカルということもあり、やはり歌やダンスが凄いです。

 

何回も見ているので音楽が耳から離れなくなってしまいました(笑)

 

そしてキャストがみんな生き生きとしているのが伝わってきました。撮影も楽しかっただろうなぁ(´∇`)

 

【オススメ動画配信サービス】

知って得した動画配信サービス!こんなサービスがあったのか

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

ひーちゃ氏

東京都出身。福岡県育ち。愛知県在住。当ブログ≪ひーちゃらいぶ≫運営。趣味は好きなことを好きなだけすること、綺麗な人が出演している映画をみること

-おきらく日記

Copyright© ひーちゃらいぶ | フリーランスとして生きるための道しるべ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.