未分類

意外と知られていないビッチの意味|日本と英語圏では意味が違う

投稿日:

 

一昔前、私が高校生の頃にあまりビッチといワードを聞かなかったのですが、いつから広まったのかビッチという言葉が若者に多く広まっています。

 

洋楽でもこのワードが良く使われ、セクシーで遊んでいる女性やクレイジーな女性を連想させてくれる、冗談交じりでその場を盛り上げてくれる、そんな印象もあります。

ですが、ほとんどの場合はマイナスイメージが強いんじゃないかなって思います。

 

 

個人的にビッチっていう言葉は大好きなんですけどね。(笑)

 

今回は、そんなビッチについての内容です。

 

スポンサーリンク


意外と知らない?日本と英語圏では用途が異なる!

英語圏と日本圏のビッチでは多少意味合いが違うようです。

 

 

日本でビッチといえば、性的な意味で使われることが多く、男性との関係が多い「尻軽」や「淫乱」といったイメージがあると思います。

また、悪口や陰口などで良く使われます。

基本的には良い印象はありません。

 

しかし英語圏ではもっと気軽に使われているんです。

例えば「嫌な女」「むかつく女」といった感覚です。

この程度なら日本でも日常茶飯事に使いますよね。

 

で、私の思う「ビッチ」のイメージは、「とにかく楽しんでいる人」や「男性を魅了するファッションをする女性」です。

 

例えば、おへそを出してとにかく楽しんでいる人。ちょっと日本のビッチのイメージに近いですが。

だからといって、「軽率」っていう意味では使ってはいません。

友達にも、軽い意味で使っていますしね。

 

しかし、やはり良い言葉ではありませんので、使わないに越したことはないですね。

友達同士、理解し合っていなければ使わない方が良いでしょう。

 

ビッチって言われたって気にしちゃダメだよ

 

自分の気に食わない女性に対して、すぐにビッチという言葉を発する人がいますよね。

悪口を言う人はそれがクセになっているので、いくらあなたが反論したって治すことが出来ません。

 

もしビッチって言われても「あたしってビッチなのかな?」なんて考える必要はありませんよ。

自分にないものを持ってるあなたを羨ましく思い、嫉妬しているだけなんですから。

「だから何?」って言ってあげましょう。

 

少なくとも、女性のプライドを傷つける言葉です

あなた自身は、そのような言葉を使わないようにして下さい。

 

友達同士、冗談交じりで言い合うのは良いかもしれませんが、特定の人に向かって使うのはやめましょうね!

スポンサーリンク

 

「えみやまビッチ学」というブログがオススメだよ

私が目にしたブログの中で「これは面白い」と思ったブログ「えみやまビッチ学」を紹介します。

 

著者はイタリア在住、恋愛セラピスト、セックスセラピストの山本えみりさん。

セックスレスを解消し、男女共に楽しいセックスをするための記事をたくさん投稿されています。

 

えみやまビッチ学

読んでいるだけで、「こんなセックスしたい!」ってなってしまいますよ。(笑)

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

ひーちゃ氏

東京都出身。福岡県育ち。愛知県在住。当ブログ≪ひーちゃらいぶ≫運営。趣味は好きなことを好きなだけすること、綺麗な人が出演している映画をみること

-未分類

Copyright© ひーちゃらいぶ | フリーランスとして生きるための道しるべ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.