僕のハマったアムウェイビジネスの実態!良い意味でやばい会社だった!

アムウェイ

 

僕の取り組んでいるアムウェイビジネスですが、良く聞くのが「やめたほうがいいよ」「親が反対する」「友達なくすよ」とか、いろ~~~んなことを聞くんですけど、そんな低レベル・低次元のお話ではないんです。

マルチだのねずみ講だの、めんどくさいので省きます。

 

僕は愛用者として、ビジネスをする一員として、両方の面でハマってしまったんです。

では、なぜ僕がこうまでアムウェイにハマってしまったのが、話していきますね。

スポンサーリンク

アムウェイからの提案がスゴい!

アムウェイは私たちに、大きく分けて2つの提案をしてくれています。

1つ目は、『気に入った製品があれば使ってみませんか?』という提案です。

2つ目が、『製品を広げてみませんか?』という提案です。

これら2つの提案について、詳しくお話しますね。

提案1.製品を使ってみませんか?

まず1つ目、『アムウェイが取り扱っている日用品で気に入った製品があれば使ってみませんか?』という提案です。

使う使わないは個人の勝手なので、良いものがあれば使えば良いし、今まで気にいったものがあればそちらを継続して使えばいい。

ただそれだけなんですけど、「ちょっと使ってみたいな」という方もいると思います。

 

そんな方のために、アムウェイは私たちに製品を手に取りやすいように配慮してくれています。

それが下のものになります。

  • 高品質。
  • 同じぐらい高品質の品と比べると圧倒的に製品が安い。
  • 48時間以内に届けてくれる。
  • 製品を使っても中身が残っていれば100%全額返金保証してくれる。(365日以内)
  • 製品にポイントが付いており、ポイントに応じてキャッシュバックがある。 

どうでしょうか?

なんとなんと、製品を購入して使ってみて、中身が少しでも残っていれば、全額返金してくれるというんです!!

これやばくないですか?普通のメーカーだったら絶対にできないでしょ?

いくら高品質であっても自分に合わなければ、お金の出費にしかなりません。

「自分に合うものをただで見つけることができるなら」っという気持ちで買ってみて

合わなければ返すことができるんだから、これは素晴らしいと思いません?

 

しかも、気に入って使ってポイントが貯まるとキャッシュバックがあるんですよ!!

 

提案2.製品を広げてみませんか?

つぎに2つ目、気に入った製品があれば広げてみませんか?という提案です。

アムウェイビジネスというのは、基本的には口コミで製品を広げて流通を起こすことで、流通の大きさに応じた報酬を受け取れるものなんです。

だから、製品を人から買うとかではいんです。

自分が使ってみて、良い製品を使ってもらって、製品のファンを増やす。ただそれだけです。

 

アムウェイビジネスのメリットとしては、次のようなものがありますよ。

  • 日用品を扱うビジネスだから景気に左右されない。 (景気が悪くなっても、気に入った日用品は誰もが使う。)
  • 製品の良さを伝える活動をみんなが協力してくれる。 (助け合いのビジネス)
  • 収入形態が権利収入。 (誰かが利用する限り継続的に入る収入。印税などが近い。)
  • リスクがない。

もちろんビジネスに参加しなくても全然OKですよ♪

スポンサーリンク

信頼できる会社・創立者

アムウェイは広告やCMなどの宣伝活動はしていません。

製品やビジネスも口コミで伝わってきます。

だから、「ちょっと怪しい会社なんじゃない?」って思われることもあるんです。

 

でもね、会社のことや創立者の思いを知れば、怪しいどころか私たちの生活を豊かにしてくれようとしていることは間違いないんですよ。

企業や創立者、理念について紹介しますね。

 

▼会社について

・1959年にアメリカで設立。(本社:ミシガン州エイダ。東京ドーム26個分の敷地)

・1979年に日本に進出。 (日本アムウェイ本社:東京都渋谷区。NHKと渋谷税務署の向かい。13Fのビル)

・世界100ヵ国に展開。 (マクドナルド:100ヵ国、スターバックス:65ヵ国、フェラーリ50ヵ国)

・世界売上1兆円。

・設立当初から無借金経営。

・長野オリンピック、プサン国際映画祭のスポンサー。

 

▼創立者

ジェイ・・・全米商工会議所の会頭。 ※全米商工会議所:アメリカの経済を良くするために300万社が集まる会議。

リッチ・・・共和党の資金調達員。(ブッシュ大統領、クリントン大統領の演説資金調達を行った人。)

      NBA(プロバスケットボールリーグ)、オーランドマジックのオーナー。

 

▼創業者の理念

『自由』『家族』『希望』『報われること』

▼リッチ・デヴォス

「私たち2人は、起業するという夢を抱いた、ミシガン州エイダ出身の普通の青年でした。自身の成功願望が強いことはもちろん、『成功を望むすべての人々にその機会を提供したい』という熱い思いを胸に抱いていたことを覚えています。今でもまだ、自分がそのときと同じ子供のままのように感じることがあります。」

▼ジェイ・ヴァンアンデル

「アムウェイのパワー、それは、刺激と約束、利益と希望に満ちた新しいライフスタイルを人々に与えることです。

               日本アムウェイ公式企業サイトより引用:http://www.amway.co.jp/about/value/co_founders/index.html

 

徹底的に無駄を省くアムウェイ

アムウェイはあらゆる無駄を省くことによって、様々なメリットを生み出してくれています。

その結果、下記のようなことができるんです。

  • 高品質なものが開発できる。
  • 売価を抑えることができる。
  • 報酬を支払う。(ビジネス提案できる。)

もし無駄を省くことができなければ、高品質なものを開発できないし、製品の値段を抑えることもできないし、ビジネスとしても成立しません。

じゃあどんなことが無駄だと思いますか?

  • 消費者へ直送する。(流通マージンを省く)
  • CMや広告をしない。(広告費を省く)

まず、消費者へ直送する理由です。

普通は商品がメーカーからお店に並ぶまでに、代理店や卸売店、小売店を通って、やっとお店に並びますよね?

そうなることで、私たちの手元に商品が届くまでに、輸送費や各業態の利益が商品に乗せられます。

例えば、代理店が利益を上乗せした額で流通させなければ、代理店はつぶれてしまうし、店舗で利益を考えた額で販売しなければ、店舗がつぶれてしまいますよね?

じゃあこの流通を省くことができれば、その分安く買えるよねってことです。

 

また、CMや広告ってものすごくお金をかけています。そこを省いています。

例えば、綺麗なモデルが出演したシャンプーって使いたくなりません?

CMや広告の狙いは、見た人の購買欲を上げて、商品を買ってもらうことです。

でもね、CMや広告の製作費って何億ってするんですよ?

しかも綺麗なモデルさん、絶対そのシャンプー使ってないでしょ。(笑)

 

アムウェイはこのような無駄を省くことで節約したお金を、開発費に使ったり、売価を抑えたり、報酬を支払うといったことへ回しているんです。

 

だからね、たま~~~~~にいるんですけど、「そんなに良い製品なら口コミで広めるっていう方法やめたらよいじゃん。お店で売れば良くない?」っていうのは、高いクオリティのものを安く販売できなくなってしまうんです。

ていうか、値段が高すぎて誰も買わなくなります。

なぜかというとね、お店での販売をするということは、口コミする人がいなくなるということなのでCMをするための広告費が必要になります。お店で売るということで流通マージンが発生します。

 

口コミという方法であるから、製品が広がるし、流通を省けるし、節約できたお金を広げてくれた人に広告費としてお支払いしているんですよ。

口コミでなければ、先ほどの創立者の理念に乗っ取った会社が作れないんですよね。

スポンサーリンク

誰でもできるビジネス形態

アムウェイビジネスの強みが誰でも使う日用品を口コミで広めるという、誰でもできるビジネス形態です。

 

▼取り扱う製品『日用品』の強み

取り扱うものが日用品ということですが、

「え。日用品でしょ?需要あるの?」って思う方。

そんな、、、とんでもない!

日用品だからこそ良いんです。

 

「最近景気悪いし、今月給料少ないなぁ。シャンプー使わないどこう。」

そんなことありませんよね?笑

 

しかも、市販の日用品と差別化出来ていて、同じぐらいの品質のものと比べるとはるかに安い。

製品が「高い」と吠える前に、疑いながらでもいいので製品がどうやって考えられて作られているかを調べてみると良いですよ。

 

▼口コミで広げる

ビジネスの方法が『口コミ』ということについてお話します。

なぜ『口コミ』という方法を採用したかというと、口コミであれば誰でもできるからです。

同じように権利収入になるものと比較してみると、口コミがどれだけ簡単な方法かがわかります。

例えば、アパートを建ててそこに人が住んでいる限りお金は入り続けますよね?

例えば、本を書いて売れる限りお金は入り続けますよね?

では、「権利収入が欲しければ、アパートを建てましょう。本を書きましょう。」

これが誰でもできますか?って話です。

ですが、口コミをして、製品を気に入ったら製品は使い続けますよね?

製品を使い続けてくれる人がいる限り、アムウェイから「流通を起こしてくれてありがとう。」ということで報酬を頂けるんです。

 

では、『口コミという方法で流通を起こして報酬をもらうことが抵抗がある』という方もいると思いますが、何も抵抗を持つ必要がありません。

例えば、おいしい焼肉屋さんがあったら、家族や友達に教えてあげませんか?

これはビジネスと関係ないですよね。おいしければしゃべりたくなるじゃないですか。

これは単なる口コミですよね。

 

じゃあここで、焼肉屋さんからこんな提案があったらどうですか?

「ウチのお店がそんなに好きなら、ウチのお店を人に伝えて(口コミ)広げてくれれば報酬をお支払いします。あなたが自信をもって口コミができるように最高のお肉を提供します。」

あなたは家族や友達に、こう言いふらしません?

「あっこの焼肉屋さん、すごくおいしいし、人に伝えてお客さんが来ればお詫びとして報酬がもらえるんだって!!」

どういうことかというと、

「良いものを教えるだけで報酬がもらえるし、あなたも気に入ったら一緒に広げて報酬をもらってみたら?」

ということなんです。

 

もちろん、教えてもらったおいしい焼肉屋を一人で楽しんでも良いし、たくさんの人に広めて、広めたお礼として焼肉さやんから報酬をもらってもいいですよね?

 

アムウェイはまさにこのパターンなんですよ!

「良い製品使ってみない?しかも、こんな良い製品を広げるだけでアムウェイから報酬がもらえるよ!」

良い製品を使いながらビジネス提案もできるってすごくないですか?

 

▼製品のクオリティ

じゃあ気になる製品のクオリティ。

例をあげて説明しますね。

例えば、次のa~dの焼肉屋さんがあるとします。

  1. 1000円で1000円分のクオリティのお肉が食べられるお店
  2. 1000円で800円分のクオリティのお肉が食べられるお店
  3. 3000円で3000円分のクオリティのお肉が食べられるお店
  4. 1500円で3000円分のクオリティのお肉が食べられるお店

aとcのお店は、値段とクオリティが釣り合っているのでお客さんは入ります。

bのお店は、値段の割にお肉のクオリティがイマイチなのでお客さんは少なそうですよね。

dは、値段の割にクオリティが高いですよね。

 

これを日用品メーカーに例えると、

aは、一般的に売っている製品です。スーパーやコンビニにあるやつと思ってください。

bは、値段の割にクオリティが低く、売れないので除外。

cは、百貨店にあるような、結構なお値段ですがそれなりにクオリティの高い製品。

dは、これがアムウェイ製品になります。

 

つまりアムウェイ製品は、

『一般的な製品と同じ値段だけどクオリティが高い』『一般的な製品より少し値は張るけど百貨店並みのクオリティがある』というものばかりなんです。

 

助け合うことで収入が大きくなる

アムウェイビジネスは、製品を人に広めて流通が多く起きるほど収入も多くなります。

で、すごいのは収入プランなんですけど、ちょっと長くなるので省きますね。(笑)

 

で、気になる収入の幅はといと、だいたい1200円~1億円。

早い人だと1年間で年収400万円ぐらい。

僕が話で聞いた中で、1年半で年収2000万円を到達した方もいるらしいです。

 

ただ、ここまで収入を大きくするには、自分がビジネスとしてお誘いした方が成功しなければなりません。

自分の収入を大きくしたいならば、お誘いした方が流通を起こせるように、お誘いした方の代わりに製品の良さ、ビジネスの可能性を伝えてあげるようなことが必要になってきます。

 

だから、自分ひとりでの成功は不可能。

誘った方が成功することで自分の収入が増えるというシステムなんです。

つまり、人の成功が自分の成功、人が豊かにならなければ自分も豊かになれない。

『みんなで豊かになろうよ』というのが、このアムウェイビジネスの真相なんです!

素晴らしいでしょ?

 

「利用されてる」と思うか、「一緒に成功したいって思ってくれるから誘ってくれたんだ」と思うかは、自分次第ですよ♪

あなたにもしアムウェイのお話が来たら、どうしますか?

スポンサーリンク

▼関連記事

▼宜しければこの記事のシェアをお願い致します。\(^o^)/

コメント

タイトルとURLをコピーしました