アムウェイ

台所用洗剤ディッシュドロップ 知られざる本当の魅力と使ってみた感想【アムウェイ製品】

投稿日:2018年7月9日 更新日:

今回の商品は、食器用洗剤のディッシュドロップです。

デッシュドロップはとても誤解されやすく、詐欺だとか普通の洗剤と同じとか、ましてや高いなどと言った声を良く耳にします。

ですが詐欺でもありませんし、決して高い訳ではありません。

 

じゃあ本当の魅了って何なんでしょうかね。

 

スポンサーリンク


デッシュドロップが誤解される理由2つ

デッシュドロップが誤解されている理由として、主に2つあります。

 

まず一つ目、ディッシュドロップのデモンストレーションです。

どういったものかというと、鏡の上にラー油を2ヶ所に垂らして、一方には薄めたディッシュドロップを垂らし、もう一方には一般的な洗剤を現役のまま垂らし、両方ともクルクルクルと指で撫でて、水で5秒間流すといったものです。

一般的な洗剤の方は白い跡が残っています。

 

あのデモンストレーションを見たら気になると思うんですが、デッシュドロップのみ水で薄めているので水ですぐに流れる状態になっているのは当然のことです。

それを「デッシュドロップの方は洗剤が残らない。」なんて言われても、「バカじゃないの?」って思いますよね。

 

次に二つ目。一般的な商品と値段を比較すると安いように見せているディストリビューターがいるということです。

「デッシュドロップはスクイーズ・ボトル1本分(480mL)約86円で、一般的な洗剤(200mL)は約100だからお得だよ!」

「え?この人何言ってんの?一般的な洗剤も水で薄めた場合の値段を比較しなきゃだめでしょ?だってちゃんと水で薄めて使用してくださいって書いてあるじゃん。」

そうです。

一般的な洗剤にも、きちんと水で薄めて使用するように記載されているんですよ。

 

デモンストレーションの真実

ほとんどの方がディッシュドロップのデモンストレーションを見て、「なんで普通の洗剤は薄めないの?」と困惑すると思いますので、あのデモンストレーションの真実に迫りましょう。

先ほど少しデモンストレーションのやり方を説明しましたが、実はあれには続きがあります。

一般洗剤の方は、水で流した後に再びガラスをこすり、水で流し、フタで鏡を叩いた時に、「洗剤が残っているでしょ?」というものです。

その点も後ほど説明しますね。

 

じゃあ早速はじめましょう。

これを読んで頂くことで、「あぁなるほど」という感じで理解できてもらえると思いますよ。

 

「残留性」がこのデモンストレーションのポイントです。

ここでは、分かりやすいように一つずつ見ていきますよ。

 

◆ディッシュドロップの場合

鏡の上に油を垂らし、その上に水で薄めたディッシュドロップを垂らして、指でクルクルクル、お水で流して終了です。

汚れもしっかり落ちて洗浄力は問題なし。元々物凄く洗剤を薄くして使っているため、洗剤は残留しにくいのです。

 

◆一般的な洗剤の場合

こちらも鏡の上に油を垂らします。しかしこちらには薄めた洗剤ではなく、洗剤の原液を垂らし、指でクルクルクル、お水で流しても油が白く残っています。

まずここでは言えることは、原液では汚れは落ちないってことです。

 

次にその白い汚れを再びこすり、お水で流します。

ここでは、薄めた洗剤で汚れを洗った場合を想定しており、汚れは綺麗に落ちます。

汚れはしっかり落ちるので洗浄力は問題なし。

ですが洗剤を水で薄めているとしても、ディッシュドロップより薄めている訳ではないので、ディッシュドロップよりも洗剤は残留しています。

 

その残留性を見るのがフタで鏡を叩く行為です。

しっかりお水で流せば洗剤の残留はでません。

ですが、ササッと洗い流した場合、ディッシュドロップよりも一般的な洗剤の方が洗剤の残留があるのです。

 

食器を普段から良く洗う事がある方は良く分かると思いますが、「よくお水で流したはずなのに食器に泡が残っていた。」ということはありませんか?

まさにあれです。

では次に、残留についてみてみましょう。

 

洗剤の残留とディッシュドロップの配慮

ディッシュドロップは、洗剤の残留にとても力を入れています。

 

ではなぜ、アムウェイの洗剤は残留性に注目したのでしょうかね。

それについて見てみましょう。

 

アムウェイがどれだけ身体の健康の為にこの洗剤を開発したのかが良く分かります。

 

まず洗剤の残留があるとどうなると思いますか?

お分かりですね。洗剤が体の中に入ります。

 

じゃあどのような成分が身体の中に入ると思いますか?

洗剤には界面活性剤という成分が含まれており、これにより汚れが落ちるんです。

 

この界面活性剤は身体に悪く、細胞をキズ付けてます。

例えば食器洗いをする際、洗剤を付けた時と付けなかった時を比較すると、洗剤を付けた方が手荒れはひどくなりますよね?

これは界面活性剤によって細胞破壊が促進されている証拠です。

で、このように体内に入ると細胞が傷付きますし、蓄積すると生まれてくる子供へ遺伝します。

ガンは細胞がキズつくことが原因ですよね。つまり、ガンの要因にもなりうるってことなんです。

 

で、「石油由来」と「天然由来」を比較すると、「天然由来」の物の方がダメージは低いのです。

ですがどんな洗剤にも、洗浄効果と価格の理由から「石油由来」は使われています。

石油は体から排出する機能がないので蓄積されます。

 

ここでのポイントは3つ。

  • 洗剤は残留する。
  • 洗剤含まれる界面活性剤には体に害がある。
  • 「天然由来」の物の方がダメージは低い。

 

感の良い方はもうわかると思います。

ディッシュドロップがもうお分かりですね。

ディッシュドロップは、洗剤が体に入りにくいように残留を減らし、もし入ってしまっても身体へのダメージを最小限に抑えるために天然由来のものをメインに使用しているんです。

 

もちろん、ディッシュドロップにも石油由来のものも含まれますが、メインはヤシ油です。

一般的な洗剤も同じように天然由来のものと石油由来にものを使用していますが、どちらをメインで使用しているかは各自で調べてみてください。

 

手荒れがしにくい理由

洗剤によって悩まされるのが洗剤による手荒れですよね。

ディッシュドロップは手荒れがしにくいような配慮もしっかりとされていて、保湿成分であるアロエエキス、シソ葉エキスが含まれています。

 

これらの成分は、美容液や入浴剤に多く使われています。

細かな配慮がうれしいですよね。

 

使い方・価格

ディッシュドロップ1本のお値段は1,440円。

ディッシュ・ドロップを通常に使用する場合、8倍希釈して使用します。

スクイーズ・ボトルという専用の容器(480mL)に、先に水420mLを入れ、後からデッシュドロップの原液60 mLを入れると泡立ちなく計量することができますよ。

ディッシュドロップ1本(1L)でスクイーズ・ボトル16.6本分なので、スクイーズ・ボトル1本分にすると約86円です。

 

いつも使っている洗剤は何を使用されていますか?

ほとんどの方が1本100円のもので、それと比較すると少し高いかもしれません。

しかし、保湿効果のある洗剤と比較してみてください。その差は一目瞭然で、ディッシュドロップの方が安いです。

スポンサーリンク

使ってみた感想

今まで使っていた洗剤は泡が持続して、スポンジに数敵垂らすだけで1食の食器ぐらいラクラク泡が持続していました。

 

しかしデッシュドロップは泡立ちが殆どないので、何回もスポンジに洗剤を垂らして使うような感じで使っています。

デッシュドロップはもともと泡で洗う洗剤ではないので、泡立ちが良くなくても洗浄力としては問題ありません。

「泡立ちが良い=汚れが落ちる」ということではないので、洗剤としての機能は充分に果たしています。

 

でも、もっとも感動したのが使用者に対する配慮です。

洗剤を使う以上、どんな洗剤でも身体へダメージがあります。

それを最小限にしてくれているという使用者への配慮はとても素晴らしいと思います。

 

「こんな製品を作ってくれてありがとう」って思って使うか、「そんなの身体にほとんど影響ないじゃん」って思うかは使用者の意識次第なんで、使いたければ使えば良いし、嫌なら使わなければ良いと思います。

 

ちなみに、ホントかウソかは分かりませんが、聞いた話ではこの製品はどこの日用品メーカーでも製造できるそうです。

で、販売額は8,000円程になるとか。もし本当だったら原価が高い商品を安く提供しているところはすごいと思います。

 

詐欺ではなく良い製品だということは間違いないので、この魅力をもっと伝えていきますよ。

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

ひーちゃ氏

東京都出身。福岡県育ち。愛知県在住。当ブログ≪ひーちゃらいぶ≫運営。趣味は好きなことを好きなだけすること、綺麗な人が出演している映画をみること

-アムウェイ

Copyright© ひーちゃらいぶ | フリーランスとして生きるための道しるべ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.